てげてげてげ

スノーボードとかサッカーとか麻雀とか映画とか…まあのんびりと。


ほっとけない 世界のまずしさ

Google



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング Blog Ranking 壱番街
コール
コール』を観ました。

米オレゴン州ポートランド。カレンは夫で将来有望の麻酔医ウィルと6歳の娘アビーの3人で幸せな生活を送っていた。だがウィルがシアトルへ出張した日、カレンの前に見知らぬ不審な男が現われる。その男ジョーは、彼の仲間がアビーを誘拐したことをカレンに告げ、30分ごとの連絡を怠るとアビーは死ぬと脅し、彼女から抵抗の意志をそぐ。やがて、娘アビーは山小屋に、夫ウィルはシアトルのホテルの一室に監禁される。計画は順調に進んでいるかに思われた。しかし、ジョーはカレンからアビーが死に至るほど重度の喘息を患っていると聞き動揺を覚える…。

えーっと、観る前はいまいちわかってなかったんですが、つまりはこんな感じです。

<犯人ボス> ジョー(ケヴィン・ベーコン
             ↓拘束
<母親>   カレン(シャーリーズ・セロン)
     
<犯人手下> シェリル(コートニー・ラヴ)
             ↓拘束
<父親>   ウィル(スチュアート・タウンゼント)

<犯人手下> マービン(プルイット・テイラー・ヴィンス)
             ↓拘束
<娘>    アビー(ダコタ・ファニング

3人家族に対して、犯人がマンツーマンで拘束。
実際には先に娘を誘拐して、「自分たちが30分ごとに連絡しないと娘を殺すことになっている」ということで、自分たちに危害を加えられないようにして、親をそれぞれ拘束って感じ。
こうやって親も見張ることで、警察への連絡を防ぐと同時に、身代金をそのまま受け取ることが出来る、つまりは完全犯罪ってわけです。

まあこういう映画だと、いかにしてこの完全犯罪を阻止するかってところになるので、主人公たち(母親、父親、娘)はそれぞれいろんな抵抗をこころみます。
電話一本で娘が殺されるかもしれないって状況だというのに、ほんとこの親たちはいろいろやります(笑)

しかしこの犯人たちは、この方法で4回成功してるって言ってるわりには、今回の誘拐では主人公たちに反撃されまくり。
まあ何も抵抗せずに終わって、悪役が勝っちゃったら映画にならないしね。
明らかに、家族3人より誘拐犯たちの方がパワー負けしてました(;^_^A


個人的には犯人役のケヴィン・ベーコンはけっこう好きです。
悪役が多いけど、根っからの悪人じゃない役が多かったり、意外と笑顔がすてきなので(笑)
でも今回の役はあまり・・・結末も含めて、ちょっとダメだった。

あとダコタ・ファニング
この映画では出番があまりないけど、やっぱ演技がうまいです。


まあ内容的には普通に楽しめる映画かなと思います。
ただけっこうおもしろい設定にもかかわらず、それを生かした展開がほとんどなかったのが、ちょっと物足りないかなぁ。
この誘拐の阻止の仕方も、結局最初の設定とは関係ない感じだったし。
もっとこの設定を生かしたストーリーにしてほしかった。

うーん、設定と予告編で、やっぱ期待しすぎちゃったのかなぁ( ̄▽ ̄;)

人気blogランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング Blog Ranking 壱番街
コメント

こんばんは~

サスペンス映画には必ず、登場してしまう私です。
コール私も、見ましたv-14

ケビン・ベーコンって、気味悪い役から、オバカまで
何でも、そつなくこなす、俳優さんで私も、好きです。
この映画も、なかなか面白かったと思います。
子供を誘拐して、見張ってる方がマービンさん
なんだぁ~知らなかった。

私も、何故か印象に残ってます・・この映画では
絶対、悪者になれない誘拐犯って感じで
誘拐犯なのに、優しさが、体と言い顔といい
溢れてたもの
2006/08/21(月) 23:15:40 | URL | アニー #-[ 編集]
> アニーさん
こんばんは。
またまたコメントどうもです。

たしかにアニーさんとこはサスペンスのジャンルがけっこう多かったですよね。
おれもサスペンス映画大好きですよ(≧▽≦)
毎回予告編にだまされつつ、いろいろ観てます(笑)

ケビン・ベーコンいいですよね。
そう今回も根っからの悪者ではなかった気がするので、結末はちょっと変えてほしかったです。
2006/08/22(火) 01:50:04 | URL | じろー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/22(火) 18:30:48 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://janleo.blog23.fc2.com/tb.php/192-44820e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。