てげてげてげ

スノーボードとかサッカーとか麻雀とか映画とか…まあのんびりと。


ほっとけない 世界のまずしさ

Google



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング Blog Ranking 壱番街
それでもボクはやってない スタンダード・エディション

『それでもボクはやってない』を観ました。
テレビでやってたので。

電車で痴漢に間違えられた青年が、“裁判”で自分の無実を訴える、という映画です。

これは「痴漢冤罪事件」という題材について、現実にもとづいたフィクションです。
です、と言い切っちゃったけど、そうなのかな。きっとそうだよね。

痴漢事件は、裁判をしても99%有罪になるため、やってもいないのに罪を認めて、罰金を払って釈放された方がいい、というのが現実のようです。

この話は聞いたことがある。最近はドラマでもネタになってたし。(日曜ドラマ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」)


裁判ものはやっぱりおもしろい。
弁護人と検察側がどういう理論で話をすすめるのか、裁判官がどういう対応をするのか、そしてその裁判の結末がどうなるのか・・・

ただこの映画は限りなく現実にそって作っている(はず?)ため、あまり衝撃的な展開もなく、わりと淡々とすすんでいく。

この映画は、「痴漢冤罪事件」はどれだけひどい状況なのか、を訴えかける映画なのかな、きっと。

痴漢に間違われた主人公を、最初から痴漢と決めつけての強引な取調べを行う警察。
無罪を主張した結果、拘置所?に送られ、犯罪者扱い。
裁判でも主人公に不利な状況が続く。

はたして、裁判の結果は・・・


さっきも書いたけど、どんでん返しとかのスリリングな裁判映画を期待してみるとがっかりします。
できるだけ現実にもとづいた内容で、「痴漢冤罪事件」のひどさを訴えかける内容なので。
こういう映画がきっかけで、今の現状が少しでも改善されればいいけどなぁ。

とりあえず、毎朝の通勤電車で痴漢に間違われないよう、気をつけようと思いました・・・( ´・ω・`)
両手をふさがった状態にするとか、女の人からなるべく離れるとかね。

男性にとってはわりと身にしみる内容ではあるけど、女性にとってはこの映画どうなのかなぁ。


人気blogランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング Blog Ranking 壱番街
コメント

うちもTVで見ましたぁー。
この映画は、本当淡々と現状を表現したような内容でしたねー。
日本では冤罪事件ってのは多いように思う。
この映画を見て、実際に自分におきたらと思うと本当怖いよー。
人間不信なんて言ってられない。
でも、痴漢だと示談してそのご普通の生活ができるってのも正直驚いた。
女性からしたらお金で解決できると言うのが、心外だなー。
痴漢だってやられたほうには人によってお金じゃ解決できないほど心に傷を負う人だっている。

ま、でも間違われないように気をつけるに越した事はないやね。
もう少し、警察も裁判も真実に忠実に動いて欲しいものですなー。
2008/03/09(日) 20:22:35 | URL | ♪ワンチ #mQop/nM.[ 編集]

こんばんは。コメントどうもです♪

きっと今の現実なんだろうけど、いろんな意味でショックな映画だよね。
この映画のように男性が冤罪になるのもショックだけど、かといってほんとうの痴漢が無罪になって女性が泣き寝入りって可能性もあるわけだし、お金で解決ってところも・・・

とりあえずはもっと電車が空いてれば、発生可能性自体が減るかなぁ・・・( ´・ω・`)
2008/03/18(火) 01:37:36 | URL | じろー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://janleo.blog23.fc2.com/tb.php/269-10743b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。